このウェブサイトとあいち電子調達共同システムをご利用いただくためには、javascriptに対応したブラウザで閲覧いただくことが必要です。
あいち電子調達共同システム サイトマップ
トップページに戻る システムの概要 利用規約 操作手引書/チュートリアル FAQ


トップ
> システムの概要

操作手引書   参考資料

  ・あいち電子調達共同システムとは?

  ・それぞれのシステムの概要

  ・主な機能と特徴

   1.入札参加資格者申請と電子入札の利用手順

  2.業者統一番号と登録番号について

  3.ICカード購入の際の名義について

  4.管理自治体についての説明

  5.代表審査自治体についての説明

  6.自治体毎の運用開始時期について


あいち電子調達共同システム(CALS/EC)とは?

インターネットに接続したパソコンから入札参加資格申請、入札を電子的に実施し、開札結果の閲覧ができるようになります。
入札参加者は会社に居ながらにして入札に参加できるようになり、事務の簡素化につながります。
電子入札ではインターネットを介して互いに顔が見えないところから入札を行うため、電子的な本人確認として「電子証明書」を用い、暗号化によるセキュリティ対策を施します。



あいち電子調達共同システム(CALS/EC)のサービス利用時間は平日の午前8時から午後8時です。
12月29日から1月3日はサービスを停止しております。
入札情報サービスは24時間、年中無休です。

上に戻る



入札参加資格申請システムとは

「建設工事」、「設計・測量・コンサル等業務」において、入札参加資格審査申請の新規申請、業種追加申請、変更等届を行えます。
申請様式が共通している部分と個別にも対応しており、1回で複数の申請先自治体へ申請ができます。
使用にあたり、ICカードが必要となります。
また、行政書士(代理人)に依頼し、入札参加資格申請を行う事ができます。 この場合、標準のセットアップ以外に、 ソフトウェアをセットアップする必要があるのでご注意ください。

電子入札システムとは

各自治体からの入札案件に対する検索、申請受付、指名通知受理、入札書提出、結果通知確認等を電子で行います。

一般競争入札、事後審査型一般競争入札、簡易公募型/公募型競争入札、指名競争入札、
公募型指名競争入札、簡易指名型/指名型プロポーザル、簡易公募型/公募型プロポーザル、
工事希望型指名競争入札、随意契約、簡易型制限付一般競争入札、代表通知型指名競争入札

電子入札システムは電子入札コアシステムを採用しております。
使用にあたり、ICカードが必要となります。

入札情報サービスシステムとは

入札に関する情報及び入札参加資格者名簿を公開します。入札参加資格者名簿の経常JVに関する情報は愛知県のみとなります。

発注見通し、入札公告、入札予定、入札結果、有資格者名簿(工事、コンサル業者、経常JV)

使用にあたり、ICカードは必要ありません。

上に戻る




電子調達共同システムの主な機能と特徴

共同利用でこんなメリットが

・入札参加資格申請が愛知県及び県内市町村(名古屋市を除く)に一括でOK。
・入札は、ICカード1枚で愛知県及び県内市町村(名古屋市を除く)ならびに8団体の公共事業に参加が可能。
・共同システムの利用でどの参加自治体・団体も同じ操作に。

公共工事のコスト削減、事務・手続きの簡素化・効率化、入札の透明性の確保・向上、入札参加者費用の低減、入札参加機会の拡大、地域社会のIT化の加速



あいち電子調達共同システム(CALS/EC)参加自治体/団体

自治体
愛知県、豊橋市、岡崎市、一宮市、瀬戸市、半田市、春日井市、豊川市、津島市、碧南市、刈谷市、豊田市、安城市、西尾市、蒲郡市、犬山市、常滑市、江南市、小牧市、稲沢市、新城市、東海市、大府市、知多市、知立市、尾張旭市、高浜市、岩倉市、豊明市、日進市、田原市、愛西市、清須市、北名古屋市、弥富市、みよし市、あま市、長久手市、東郷町、豊山町、大口町、扶桑町、大治町、蟹江町、飛島村、阿久比町、東浦町、南知多町、美浜町、武豊町、幸田町、設楽町、東栄町、豊根村
団体 (名古屋港管理組合を除く団体は、入札参加資格申請サブシステムへは参加しておりません。)
名古屋港管理組合、名古屋高速道路公社、愛知県道路公社、愛知県住宅供給公社、(公財)愛知水と緑の公社、小牧岩倉衛生組合、愛知中部水道企業団、北名古屋水道企業団、海部南部水道企業団

上に戻る

お問合せはこちら